toggle
2017-04-01

【LEGOLAND® Japan】レゴランドが名古屋にオープン!チケット料金や、駐車場、メイカーズピアについて

レゴランドが日本では初めて、2017年4月1日(土)名古屋の金城ふ頭にグランドオープン!! Maker’s Pier(メイカーズピア)を通り抜けて、レゴランドへと入場。

ナゴヤドーム2.5個分(東京ドーム2個分)の広さで、20分もあれば一周できるらしい!? 飲食物は持ち込み禁止、他のテーマパークと同じような設定のようです。
※離乳食は持ち込みOK ※食物アレルギーの方は弁当の持ち込みOK

アトラクションは、オブザベーションタワー(展望タワー)、ザ・ドラゴン(ジェットコースター)、サブマリン・アドベンチャー(潜水艦)が人気。

また、スプラッシュ・バトル(海賊船)や、レスキュー・アカデミー(消防車)も小さい子を中心に人気です。

Oasis Snacks(オアシス・スナック)@ADVENTURE(アドベンチャー)エリアの、LEGO®ブロックをモチーフにした「LEGO®ポテト」(450円)が人気だそう。

お土産には、数量限定の「クランチチョコレート オブザベーションタワー」(1,000円)が人気。オブザベーションタワー(展望タワー)を模した円柱の箱の中に、クランチチョコレートが入っています。

レゴランドがプレオープン中の3/25(土)に、Maker’s Pier(メイカーズピア)へ朝1番で出掛けました。レゴランドの入場を待つ行列が、Maker’s Pier(メイカーズピア)の敷地内をグルグルと蛇行しながら、専用連絡通路(歩道橋)まで続いていました。滝汗

LEGOLAND® Japan

住所: 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地1
電話番号: 050-5840-0505(年中無休 9:00~12:00/13:00~17:00)
営業時間: 10:00~19:00(~17:00、~18:00) ※スケジュール参照
 https://www.legoland.jp/

レゴランドついて

LEGOLAND®Japanは、2歳から12歳のお子様とそのご家族が1日を思いきり楽しめるテーマパークです。家族みんなで乗り物に乗ったり、レゴ®モデルに触れたり作ったりと、レゴブロックの世界観をテーマにしたインタラクティブな冒険型アトラクションがいっぱいです。

40を超える乗り物、ショー、アトラクション

1日を通して家族みんなであそべるテーマパーク

1年中楽しめる、屋外型アトラクション

テーマの異なる7つのエリア

  • FACTORY(ファクトリー)
  • BRICKTOPIA(ブリックトピア)
  • ADVENTURE(アドベンチャー)
  • KNIGHT’S KINGDOM(ナイト・キングダム)
  • PIRATE SHORES(パイレーツ・ショア)
  • MINILAND(ミニランド)
  • LEGO® CITY(レゴ®・シティ)

パーク内で1,700万個のレゴブロックと10,000のレゴモデルを使用

日本のレゴランド内のいたるところにある「レゴモデル」は、海外のレゴランドの「レゴモデル」よりもカラフルになっているそうです。

チケット料金

■1DAY パスポート・こども(2歳以下無料)5,300円
■1DAY パスポート・大人(13歳以上)6,900円

■年間パスポート・こども(2歳以下無料)13,300円・・・2.5回分の料金
■年間パスポート・大人(13歳以上)17,300円・・・2.5回分の料金

※セブンイレブンにて、1DAYパスポート&年間パスポート(引換券)が購入可能。
※セブンチケットサイトでのお申込みは各指定日2日前までとなります。
※セブン‐イレブン店頭マルチコピー機では各指定日当日12:00まで受付しております。

アクセス

電車: 新幹線名古屋駅からあおなみ線「金城ふ頭駅」すぐ
バス: レゴランド前(バス停)すぐ ※金城ふ頭駅(バス停)もあり
車: 伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」すぐ

※駐車場の混雑が予想されますので、ご来場のお客様はできるだけ公共交通機関をご利用ください。

駐車場について(名古屋市営金城ふ頭駐車場)

住所: 名古屋市港区金城ふ頭二丁目7番2
電話番号: 052-389-5580 (受付時間 / 8:00~22:30まで)
営業時間: 24時間(入庫は、8:00~22:30まで)
収容台数: 自動車5,010台(身障者用101台、EV充電用6台)※高さ制限2.4m
      自動二輪車42台
料金: 普通料金 60分500円
    平日 最大1,000円
    休日(土日祝)最大1,500円
支払方法: 現金のみ
 https://kinjo-p.jp/

※一般道からは、汐止町交差点で右折し潮凪線へ。金城ふ頭線からは、駐車場に入れません。
※高速道路からは、伊勢湾岸自動車道「名港中央」ICを左折、茶色いレーンの誘導に従ってください。

近くのガソリンスタンド

金城ふ頭線を北に向かって、「西稲永」交差点を左折すると、ENEOS(エネオス)稲永SS(約5km)があります。 ※2017年2月現在

【ENEOS 稲永SS】高野石油(株)
住所: 愛知県名古屋市港区稲永5丁目11番3号
電話番号: 052-382-3777
営業時間: 月~土7:00~20:00 / 日祝8:00~19:00
定休日: 1/1~1/3

Maker’s Pier(メイカーズピア)について

Maker’s Pier(メイカーズピア)は名古屋市港区金城ふ頭にある、「モノづくり」をテーマにした商業施設です。ここでしか体験できない「モノ・コトづくり」を通じて、人に元気・活力を与えるエンターテインメント空間を提供していきます。

2017年3月30日(木)グランドオープン
※2017年3月13日(月)一部店舗がプレオープン
 http://www.makerspier.com/

>>【Maker’s Pier(メイカーズピア)】レゴランドに隣接する体験型商業施設が、名古屋市港区金城ふ頭にオープン!

最後に(口コミ情報あり)

入場料だけでも、大人2人+子ども1人=2万円弱という強気の価格設定は、東海地方は3世代同居が多く、祖父母の援助が期待できるからだそうです。

我が家には当てはまらないし、特に遊園地が好きではないので行くことはないかも!?(東京ディズニーランド、大阪USJも未体験)

口コミ情報では、自販機の飲み物が220円、チキンバーガー(680円)、チキンバーガーセット(1,350円)、チキンラップセット(1,350円)、ホットドッグ(500円~)。レストランの食事もワンプレートで、ローストビーフ(1,700円)って!

さらに残念なことに、トイレの機能は、暖房便座に、おしり洗浄もついてないらしい。新しい施設には必ずついている機能ですし、この価格設定ではありえないですよね。汗

規模が小さい割に、チケット料金や、飲食物が高い(&量・質も悪い)となれば、いつまで今のままで続けられるでしょうか。「しばらく様子見」の声があるのは、そんなところも影響しているかも知れません。

こちらも狭いですが、Maker’s Pier(メイカーズピア)で、遊ぶ&食べる&買うのは楽しかったです♪

「リニア・鉄道館@JR東海」も、あおなみ線・金城ふ頭駅から徒歩2分にあります。

名古屋近郊の家族連れであれば、レゴランドの年間パスポートを購入している方も多いでしょうから、3回以上、頑張って遊びに行ってくださいね~♪

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク