toggle
2018-08-17

【御菓子司 川村屋】可美物 (うましもの)&季節の上生菓子


飯田街道沿いにある、見逃してしまいそうなくらい控えめな、趣きのあるたたずまい。
名古屋の茶の湯文化、お茶会のお菓子に使われることが多い「隠れた銘店」です。

我が家からわりと近いのですが、公共交通機関では大回り。
また、思い出すのが「日祝」の定休日であったりで、
なかなか行くことができていませんでした。

新栄になじみがあると違うんでしょうが、近くて遠いお店でした。
今日を境に、なじみのある近い店として、通いたいと思っています。

 見つかりません。

【御菓子司 川村屋】店舗詳細

  • 住所・愛知県名古屋市中区新栄2-18-1
  • 電話番号・052-262-0481
  • 営業時間・9:00~18:30(10:00~18:00 のほうが確実っぽい?)
  • 定休日・日祝
  • アクセス・東山線「栄町駅」から徒歩4分

食べたもの(2018.8.17)

 

自分自身が美味しいと感じるものを、ただ食べるだけの素人なので、
菓子名を除いて、材料、製法などは勝手な憶測で、正確性には欠けております。
誠に申し訳ありません、ご了承ください。

【要予約】可美物(うましもの)/¥300+税

 
葛製、無花果

毎年9月~10月初にかけて、茶席菓子の注文のみに作られる果実菓子。
来店のタイミングが予約と合えば、おこぼれにあずかれる逸品。

今年は猛暑だったためか、8月から店頭にならんでいました。
ショーケースにある生菓子を1つずつ注文すると、
『可美物(うましもの)も1つならあります。』と女将さん。

当然、いただきました。
初来店にして、この引きの良さ!?笑

カットされた無花果が、ただ、葛の衣をまとった、シンプルな中に繊細さを感じます。
とってもおいしゅうございました♪

木かげ/¥280+税


葛製、こしあん・・・涼しげで、葛は大好きです♪

桔梗/¥280+税


練皮製?、白こしあん・・・外郎かと思ったんですが、ちょっとだけ表面が硬く感じられ、後日、いただいたお菓子と似たような食感だったので、練皮製、かも?

うず潮/¥280+税


まんじゅう、粒あん・・・塩気がありました、何まんじゅうというのかしら?

白蓮/¥280+税

 
蓮根デンプン?、白蓮の実?・・・笹に包まれた、ぷるぷるとしたお菓子。
まるで栗のような感じの、たぶん、白蓮の実が入っています、美味しい♪

岩清水/¥280+税


粒あん、道明寺・・・上に寒天で水の流れが表現され、おはぎっぽい。

夏草/¥280+税


葛製・・・いわゆる「くず焼き」ですね、大好き♪

他に購入できるお菓子(2018.8.17)

水羊羹/¥200+税

本練羊羹/¥1,500+税

干菓子

【要予約】藤団子(とうだんご)

熱田神宮ゆかりの「藤団子」は、川村屋さんでは有平糖製です。
熱田神宮の新撰菓子が変化したもので、祭事の残りの米で作り始めたのが由来だそう。

【口コミ】最後に

 

女将さんが素敵で、思っていた以上に気に入ったお店です。
今まで寄らなかったことを後悔さえします。

こちらなら自転車で寄れそうなので、暑さが過ぎたら通います!?

お茶席(予約)がありそうなときに寄ってみてください。
「可美物(うましもの)」に出会えるかも知れません。

タグ:

スポンサーリンク



関連記事