toggle
2020-03-11

「炒飯」も美味しいけど断然「中華飯」推し【江南 柳橋本店】大女優も愛した下町の味


中華飯と餃子@江南柳橋本店

こちらのご主人の「心を込めた(ていねいな)鍋ふり」に感動して以来、美味しさが倍増。近所ではないので頻繁に通えませんが、名駅から歩く余裕のある時には寄るようにしています。

このご時世ですので、きっと空いているかなと思い「江南 柳橋店」へ。訪れた時間も、オープン間もなくだったので、1番乗り!

主人は、超多忙な時期にあり、食べたくても食べられないので、独りで来店すると割高になってしまいますが仕方なし。笑

「江南 柳橋本店」で食べたもの

初めて炒飯を食べた時には感動したものですが、いつの頃からか、私の定番は「中華飯」になっています。主人は基本的にラーメン(春巻きセット)です。

中華飯+スープ/950円+100円

中華飯@江南柳橋本店

豚肉、えび、いか、キクラゲ、白菜、インゲン、人参など、野菜がシャキシャキな中華飯。高級店のようなキレイな見た目です。

江南餃子(8個)/450円

江南餃子@江南柳橋本店

手包みの小さなひと口餃子、必ず注文します。鉄板でアツアツのまま供されますので、パリッとした焼面と、上の薄皮はもちっとしています。

辛みの調整は、沈殿したラー油をよく混ぜてから、餃子のたれに入れましょう。

「江南 柳橋本店」について

創業34年の老舗ですが、昔懐かしい中華そばや、志那そばの濃いスープとは一線を画した、澄んだきれいな醤油ラーメン。決してスープまで飲み干さない(飲み干せない)私が飲み干せるほどの優しい味です。

現在、創業地に戻って営業されていますが、カウンターだけのお店(2階もあり)、2号店だった2階建てのお店と、30年近く変遷を見てきました。主人は子供の頃からですので、それ以上。地域の人に愛され続ける「名古屋のラーメン」と言えば、ココの味もひとつだと思います。

「江南 柳橋本店」店舗情報

  • 住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-31-8
  • 電話番号: 052-551-0826
  • 営業時間: 11:30 ~ 14:00 (L.O.13:45) / 17:30 ~ 22:00(L.O.21:45)
    ※一品料理は夜のみの提供です。
    ※スープがなくなり次第閉店する場合があります。
  • 定休日:日曜・祝日
  • 席数:32席(カウンター6席・テーブル26席)

予約について

予約・お問い合わせ: 050-5592-8561

  • 3名以上
  • 3,500円のコース料理(飲み物別)、または、一人2,500円以上の飲食
  • 予約時間より2時間迄(夜のみ)

【口コミ】まとめ

こちらで地味にオススメなのが「ザーサイの浅漬け」です。春巻きセット(1,080円)の中についていたので、美味しさに目覚めたのですが、今まで食べていた茶色いザーサイとはひと味違います。

浅漬け(塩味)ですので、ザーサイの緑色が鮮やかで、本来はこういう色だったんだ、とシンプルで歯ごたえのいいお漬物になっていました。単品でも300円でしたか、注文ができると思いますので、気になられた方は一度お試しを。

姪っ子たちも、ここの春巻きや、炒飯の美味しさに「また食べたい」と味を覚えているくらいですが、市外なので、なかなか来店できず、涙をのんでいます。笑

※2020.3.11(水)時点の情報です。