toggle
2017-05-17

【coffee shop KAKO 花車本店】小倉トーストモーニング&ランチ


名古屋で初めて自家焙煎コーヒーを始めたのは、この花車本店だそうです。1972年に開店され、今年で46年目(?)小さなお店だったので・・・コテコテの地元民が知らなかったって、どーよ!笑

「KAKO」さんを私が知ったのは、20年くらい前(?)になるでしょうか、今は無き、納屋橋店に行っていました。綺麗なお姉さんたちが働いていて、モーニングはもちろん、焼きたてパンとシチューのランチを食べに行くことが多かったです。また、映画の帰りにお茶をしたり、2階の窓辺で1人でまったりとするのがお気に入りでした。

納屋橋店がなくなって、新しくできた柳橋店へ何度か通っていました。今は、歩いていくことが難しくなり、行きたくても行けないことの方が多くなってしまい残念。

調子がいいのを見計らって、初めて花車本店へ出掛けました。早めのお昼を済ませた後だったので、軽くのつもりが・・・。

※下記は、花車本店の情報です。店舗により、メニューや値段などに多少の違いがあるかも知れません。

食べたもの

シャンティールージュスペシャル/¥600

小倉トーストのスペシャル版を注文してしまいました。バタートーストに自家製あんこ、生クリーム、コンフィチュール(ジャム)の豪華な小倉トースト。
この日のコンフィチュールの種類は、いちご、オレンジラテ、キウイ&白ワイン、マーマレードでした。 ※モーニング中は、ドリンク代+¥350

手作りのせいか、あっさりとした甘さでペロッと食べられます。浅田舞さんも「小倉トーストは苦手なのに、これだけは食べられる」と言ってましたよ。

アメリカンコーヒー(おかわり)/¥500(¥250)

ブルーマウンテンNO.1と、モカマタリ999を等分で配合しました。最高級の組合わせによる素晴らしい香りの珈琲です。

アイスコーヒー(おかわり)/¥470(¥150)

自慢のブレンドにマンデリンを加えました。冷たくても暖かくあり、氷が溶けるまで、じっくりと味わっていただけます。

モーニングについて(7:00~11:00)

ストレートコーヒーを除く、すべてのドリンクにパン(バタートーストか、いちごジャミムトースト)がつきます。

シャンティー/ドリンク代+¥250

生クリーム+コンフィチュール+バター

クリームチーズ/ドリンク代+¥200

クリームチーズ+コンフィチュール+バター

コンフィチュール/ドリンク代+¥100

コンフィチュール+バター

ランチについて(11:30~~15:00 ※なくなり次第終了)

パン、ドリンク付き。

日替りスープランチ/¥880~

5/17(水)は、ひき肉とナスのチリビーンズスープでした。

その他・メニュー

ブレンド/¥470 ※おかわり自由、本人様のみ、残さずに

コロンビア・スプレモ(ナリーニョ、ポパヤン、マラゴ)を主体に配合しました。生産国の中から厳選を重ね、特にこだわりを持ったコーヒー銘産地、農園だけをリストアップしました。これらの豆はどれをとっても一級品であり、全生産量のわずかしか取れません。珈琲の旨さを追求したスーパープレミアムブレンドコーヒーをぜひ御賞味下さい。

KAKOオリジナルの手作りジャム

本店マスターの手作りジャム。季節ごとに旬のジャムを販売中です。

オレンジマーマレード

創業当時から作り続けているジャムです。オレンジの皮を丁寧にアク抜きしているので苦味の少ないやさしいマーマレードです。

いちご

いまの時期一番おいしいいちご。とれたていちごをジャムにしました。

きんかん

一般的に甘露煮にするきんかんをジャムにしてみました。きんかんの果皮にはビタミンCがたっぷり。

バナナ

みんな大好きバナナジャム。チョコレートにも意外と合います。

文旦

文旦(ブンタン)ってご存じですか?グレープフルーツのような味わいですが、苦くなくすっきりした味が特徴です。高価な文旦ですが贅沢にジャムにしてみました。

キウイ&白ワイン

キウイと白ワインの大人なジャム。ヨーグルトや焼酎に割ってもおいしいかも。

グレナデンバナナ

グレナデンとはざくろのこと。バナナジャムの色づけにグレナデンシロップを使いました。

バナナ&キウイ

バナナとキウイの2層に分かれたジャム。バナナの甘みとキウイの酸味が以外にあいます。

キウイ&ストロベリー

キウイとストロベリーの2層に分かれたジャム。

アールグレーオレンジ

意外と知られていない王道ジャム。アールグレイの豊かな香りとオレンジがよくあいます。

パイナップルラテ

これ、おいしいです。そのままでもいけます。ディップにしてもgood!!

クーベルチュールチョコ&キウイ

クーベルチュールチョコを贅沢に使ったジャム。キウイの酸味がチョコとよくあいます。

バナナラテ

バナナにはやっぱりミルクです。

いちごラテ

いちごと牛乳。王道の組み合わせ。練乳いちごのようなやさしいジャムです。

KAKO 花車本店・店舗情報

  • 住所:名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館1階
  • 電話番号:052-586-0239
  • 営業時間:月~金/7:00~19:00
    土日祝/7:00~17:00
  • 定休日:年中無休
  • 座席数:18席(カウンターとボックス席2つ)
  • 駐車場:なし
  • アクセス:桜通線「国際センター駅」3番出口から徒歩2分
  • 公式ウェブサイト:http://www.coffeekako.com/

KAKO 柳橋店・店舗情報

  • 住所:名古屋市中村区名駅5-30-4 名駅KDビル1階
  • 電話番号:052-583-8839
  • 営業時間:7:00~19:00
  • モーニング:7:00~11:00
  • ランチ:11:00~15:00 ※なくなり次第終了
  • 定休日:年中無休
  • 座席数:50席
  • 駐車場:なし
  • アクセス:桜通線「国際センター駅」3番出口から徒歩3分

【口コミ】まとめ

「これぞ名古屋!」という感じの老舗喫茶店のひとつ。
名古屋市内の喫茶店では、郊外の豪華なモーニングと違い、パンとゆで玉子が定番ですが、追加料金を払ってでも、コンフィチュール(ジャム)を味わってみたくなります。
手作りのランチメニューも、体にやさしい感じがして、大好きです♪

BUCYO Coffee KAKO(三蔵店)は、別の経営者なのかな、単独でウェブサイトができています。こちらは、隣りに有料コインパーキングがあるので、車で、また急いでるときなどに利用しています。また、後日、記事を書きます。
(公式ウェブサイト:https://www.bucyocoffee.com

生きていればウチの両親に近い年齢のマスターでしょうか、どうかいついつまでも、お元気で美味しい珈琲を淹れてくださいね♪