toggle
2018-03-02

【餅勘】名古屋名物「鬼まんじゅう」の元祖!?


餅勘の鬼まんじゅう

名古屋・今池で創業大正元年から続く「餅勘」の鬼まんじゅう。
やや小ぶりなサイズですが、芋のカットは大きめで存在感があり充分に満足できます。

手作りの為一日に作れる数に限りが御座いますが、是非の本来の芋の味を生かした鬼まんじゅうをご賞味ください!お電話でのご予約も承っております。
早いと夕方前には完売してしまうので、お早めにお越しください(^^)
~餅勘(Twitter&Facebook)より引用~

近くに「高牟神社(たかむじんじゃ)」があり、元古井、古井の坂の地名の由来となっている、神の恵みの霊水「古井の水」が湧き出しています。
この湧き水は日本名水百選にも選ばれた清水です。

そんな水の清らかな地域の「地下水」を使うことが、おいしい味の秘密のようです。

食べたもの=鬼まんじゅう

我が家から割と近いのですが、通り道ではないため、近くて遠いところ!?
なので「あいち生協」さんで冷凍の物(4個)を購入しています。
レンジでチンするだけで、同じような美味しさだと思いますが・・・?

年を重ね、このくらいの大きさが美味しいです。
今まで食べた中で1番好きな鬼まんじゅうかも知れません♪

【餅勘】店舗情報

【口コミ】まとめ

名古屋には、地域に愛される和菓子の名店がたくさんあります。こちらも、そのうちの一軒。手作りの優しい味と、お財布にも優しいお値段で、いついつまでも美味しい味を守って欲しいですね。鬼まんじゅうは、朝9時頃の蒸しあがりのようです。

「恋の三社めぐり」

恋にまつわる、三社を参拝し祈願する神社めぐりです。
スタンプを集めて、恋愛運上昇の御守りに。

  • 高牟神社の恋の霊水「古井の水」=「恋の水」
  • 城山八幡宮の縁結びのご神木「連理木(れんりぼく)」
  • 山田八幡宮(御嶽神社)の恋の導き「よりそい石」
タグ:

スポンサーリンク



関連記事