toggle
2017-01-17

【マツコの知らない世界】楠田枝里子のチョコレートの世界Part2@サロン・デュ・ショコラ2017名古屋

日本一チョコを愛する楠田枝里子さんが再び登場!「チョコレートなしでは生きられない」と公言する、司会者・エッセイスト、楠田枝里子さんです。「ショコラ アンバサダー 2017」をされています。

チョコレートシーズン=チョコレート業界で10月~3月の間

フードジャーナリスト・伊藤文(あや)さんは、第1回目から毎年「サロン・デュ・ショコラ・パリ」に訪れている。

シルヴィ・ドゥースさんは、サロン・デュ・ショコラ創始者。ジャック・ペシさんは、フランスでとても有名なチョコレートの愛好家の集まりの「C.C.C」会長。フランソワ・プラリュさんは、世界のカカオエキスパート。

名古屋では、名古屋栄三越7階催事会場で開催されます。詳細は、下をご覧ください。

※★印=マツコさんが試食したチョコレートです。

世界最大のチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」に潜入取材

「サロン・デュ・ショコラ・パリ」とは、世界30ヶ国から220人ものショコラティエたちが集う、世界最大のチョコレートの祭典。最新のチョコを求めて世界中から約10万人が来場。前夜祭にはフランスの有名女優や歌手、司会者などが出演するファッションショーも行われている。(2016年10月27日、日本から飛行機で12時間)

1995年からフランス・パリで「第1回サロン・デュ・ショコラ」が開幕。現在ベルギー・イギリス・日本など世界各国(18ヵ国)で開催されている。

 http://www.salon-du-chocolat.jp/

世界トップショコラティエ ジャン=ポール・エヴァン

〔新作〕コッフル ドール レ グラン クリュ(約4,600円)
・・・ペルー、エクアドル、ジャマイカなどカカオの原産国が違う8種類のチョコが1箱で楽しめる。 ※箱の底に保冷剤を入れるスペースがあり、2~3時間チョコを最適な温度に保つ事が出来る。

今シーズンのテーマが、フランスならではのクリエーション「フレンチタッチ」
ボワットゥ ショコラ 16個入り「フレンチキス」(6,534円)
ボワットゥ マニエティック 50個入り(19,980円)

★「キス フロム ジャポン」
ヘーゼルナッツのプラリネにジンジャーのほのかな辛みがアクセント
★「キス フロム フランス」
ベルガモットの果汁とコンフィを加えた柔らかいキャラメルガナッシュ

 http://www.jph-japon.co.jp/

フランス国家最優秀職人章受章 フィリップ・ベル

〔新作〕スミレのガナッシュ

〔サロン・デュ・ショコラ〕http://www.salon-du-chocolat.jp/archives/2017/brand/philippe-bel

フランス国家最優秀職人章受章 ローラン・デュシェーヌ

日本人の奥様、京子氏と織りなすデュオで高い評価。フルーツを使ったショコラがスペシャリテ。

〔サロン・デュ・ショコラ〕http://www.salon-du-chocolat.jp/archives/2017/brand/laurent-duchene

フランス国家最優秀職人章受章 ブルーノ・ルデルフ

〔新作〕そばのガナッシュ

〔サロン・デュ・ショコラ〕http://www.salon-du-chocolat.jp/archives/2017/brand/bruno-le-derf

フランスショコラ愛好会「C.C.C」殿堂入り アルノー・ラエール

★〔新作〕コフレ・ショコラ ”ル・フュモワール”(約2,100円)
・・・ブナの木で燻製させたマダガスカル産カカオ64%のガナッシュを70%のダークチョコで包んだ新作。

老舗チョコ屋5代目の若き天才・新星! ノエル・ジョヴィ

★〔新作〕100%ベネズエラ(約1,600円)
・・・ベネズエラ産のカカオ豆を、ベネズエラ産のカカオ豆で作ったチョコレートでくるんだお菓子。同じカカオ豆を使っているため味のバランスが良い。

6年連続ゴールドタブレット受賞 小山進(エス・コヤマ)

〔新作〕SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2016
Human~coexist with nature~(1,728円)

★NO.1「醤油ヌーヴォー」カカオ×煮切り醤油×ペドロヒメネス(シェリー酒)
NO.2「鳳凰単叢蜜桃香&マンゴー」
NO.3「コーヒーチェリー(ゲイシャ)&ライチ」
NO.4「奈良漬プラリネ」

■チョコレート所作(22,680円)

 http://www.es-koyama.com/

2016年ゴールドタブレット受賞 辻口博啓

■ワイルドカカオショコラセパレーター(3,600円)

 http://www.h-tsujiguchi.jp/

楠田流!チョコレートの楽しみ方

1.断面を楽しむ
2.匂いを嗅ぎ楽しむ
3.口の中でゆっくり溶かし喉の奥に落ちる食感と余韻を楽しむ

楠田さんが日本への上陸を熱望する絶品チョコレート

今、パリで大注目の実力派ショコラティエ ジル・マルシャル

5つ星ホテルのシェフパティシエとして名を馳せ、チョコ専門店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のクリエイティブデイレクターとして活躍。現在、モンマルトルのブティックで成功。フランスの名店「メゾン・ショーダン」をショコラ界の大御所、ミッシェル・ショーダンから任された。公私共々、ジルさんのパートナーの工藤彩佳さん。

ダークチョコレート70% キャラメルピーカンナッツ(約870円)
●〔ケーキ〕オペラ(約680円)
●〔ケーキ〕パヴェ・アントルメ(約5,900円)
・・・ジルさん考案のカカオ、キャラメル、チョコムース、プラリネなど「メゾン・ショーダン」の美味しいものが詰まったケーキ。

パヴェ・ノワール(1,512円)
・・・パヴェ・アントルメの元となった「メゾン・ショーダン」のチョコレート。

〔サロン・デュ・ショコラ〕http://www.salon-du-chocolat.jp/archives/2017/brand/maison-chaudun

日本のテレビ初潜入!ピエール・マルコリーニのチョコレート工場

ベルギー王室御用達ショコラティエ=ピエール・マルコリーニ。

マルコリーニさん注目ポイント

1.世界中のカカオ農園を飛び回り、カカオの選別から農園との契約まで自ら行う
2.カカオ豆の種類やチョコレートの作品によって焙煎方法を変えている
3.全3段階でチョコレートを0.03mmまで薄くしていく
4.口どけと歯ごたえを追求した厚さ約1~1.5mmのコーティング技術

ギモーブ ショコラの美味しい食べ方

冷蔵庫で5分冷やして食べる。

★〔新作〕クール エ ギモーブ 8個入り(3,024円)
※銀座本店、他直営店にて1月20日(金)より販売開始

〔新作〕カカオ グラン クリュ 7個入り(2,754円)
・・・グラン・クリュとは、ワインの世界で「最上級の畑」を意味する。最上級品のカカオ豆で作った最上級のチョコレート。
※銀座本店、他直営店にて1月20日(金)より販売開始

★「アーモンド プラリネ グラン クリュ」
いろいろな調味料は、あくまでもアーモンドの深さを引き出すためのもの。

 http://www.pierremarcolini.jp/

サロン・デュ・ショコラ 2017 名古屋


©Mitsukoshi Nagoya
2017年2月1日(水)~14日(火)
10:00~19:30

名古屋栄三越7階催事会場

住所:名古屋市中区栄3-5-1
電話:052-252-111(大代表)
アクセス:・市営地下鉄東山線・名城線「栄」駅より地下街で連絡
名鉄瀬戸線「栄町」駅より地下街で連絡

 http://nagoya.mitsukoshi.co.jp/

最後に

楠田枝里子さんと言えば、昔、原宿にお店を出していらしゃいました。(今はありません)星のグッズばかりを集めたお店で、東京に行くたびに買い求めた思い出があります。今でも我が家の片隅にあると思います。^^

好きなものをトコトン追及する彼女の姿勢は、羨ましくもあり、お手本としたいなと感じます。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク