toggle
2020-03-09

あまりにも有名な干菓子「おちょぼ」ではなく【万年堂菓舗】の上生菓子を買いに行く


万年堂の生菓子

干菓子の「おちょぼ(和三盆製)」で全国的に有名な、新栄の「万年堂菓舗」さんまで上生菓子を買いに出かけました。東京から社長が来られると、茶道に親しむ奥様へと「おちょぼ」をお土産にされるほどです。

やはり、干菓子が美しく「桜づくし」の詰め合わせに心が揺らぎましたが “次回、次回”と自分自身に言い聞かせて帰ってきました。笑

創業1949年(昭和24年)と、わりと新しいお店ですが、京都「亀末廣」(文化元年創業)の親戚筋で、当主より「万年堂」の屋号を贈られ今に至るそうです。

生菓子が用意されるのを待つ間、ほうじ茶とおちょぼをいただき、こころよい撮影の許可が嬉しかったです。そのうえ、ご主人に「ガラスケースが反射しないか」ご心配までいただきまして・・・キレイに撮れていました!喜

この綺麗な、京のながれを汲む干菓子・半生菓子の数々のお菓子は、次回、買おうと思います。

 https://www.nagoya-mannendo.co.jp/

「万年堂菓舗」で購入した季節の生菓子

万年堂の生菓子

薯蕷饅頭で、特に強く感じましたが、コクのある「こしあん」だと思いました。まるで黒糖が入った「大島あん」のような気がしないでもないのですが、黒糖の苦手な私がクドいとは思わず美味しかったので、、、何でしょう?笑

個性のある「あんこ」だと思いましたので、違いを皆さんの舌で、ぜひ、お確かめください。(結局、丸投げ!笑)

生菓子の詳細は、正確ではないかも知れませんが、ご参考までに。

花衣/378円(税込)

花衣@万年堂
ねりきり、白つぶあん・・・こなし製なのか、ホントに悩ましい限りですが、たぶん。笑

桜もち/378円(税込)

桜もち@万年堂
道明寺入りのくず桜、こしあん・・・初めて出会ったかも知れない「くず桜」大好きなんです、美味しかった!(昔にスーパーの安いお菓子でしか食べたことがなくて・笑)

菜種巾屯/378円(税込)

菜種巾屯@万年堂
きんとん製、つぶあん・・・持ち上げるとホロホロと崩れるほどのやわらかさ、繊細さでしたので、歩いて持ち帰る間に、きんとんの側面がつぶれてしまいました。お店で飾られてたのが本来の姿です。笑

荘子/378円(税込)

荘子@万年堂
薯蕷饅頭、こしあん・・・和菓子屋さんの力量が問われるシンプルなお饅頭、コクのあるあんこが美味しかったです。

木の芽/378円(税込)

木の芽@万年堂
餅製、つぶあん・・・美味しかったのですが、やはり、木の芽は苦手でした。笑

登録商標「おちょぼ」について

ほうじ茶とおちょぼ@万年堂

徳島県板野郡、鳴門の潮風をうけて阿波に育ち、おちょぼの為に精製した最上級「和三盆」を主原料にひと粒ひと粒、時間をかけて精製し、丁寧にすいた最上の和紙に包みます。淡々とした味わいの中に香り高い風味をもつ代表銘菓です。

その他のお菓子

季節の干菓子

季節の干菓子@万年堂

桜づくし

桜づくし@万年堂

「万年堂菓舗」店舗情報

万年堂

  • 住所:愛知県名古屋市東区東桜二丁目17-21
  • 電話:052-931-1234
  • 営業時間:午前9時~午後5時45分
  • 定休日:日曜日(新年は 5日から営業)
  • アクセス:地下鉄 東山線「新栄町駅」1番出口より徒歩 1分
    (名古屋駅より3駅、栄駅より1駅)

「万年堂菓舗」直営店

名鉄百貨店(名古屋駅)

愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番1号(本館地下1階 和菓子売場)

松坂屋名古屋店(矢場町駅/栄駅)

愛知県名古屋市中区栄三丁目16番1号(本館地下1階 和菓子売場)

「万年堂菓舗」取扱店

JR名古屋高島屋(名古屋駅)

愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号(地下1階 和菓子売場)

徳川美術館 徳川園(名鉄瀬戸線 森下駅/地下鉄・JR 大曽根駅)

愛知県名古屋市東区徳川町1001 徳川園(ショップ「葵」)

新宿高島屋(新宿駅)

東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号(地下1階 銘菓百選)

【口コミ】まとめ

松露糖、石ヶ根@万年堂

他にも、半生菓子の「松露糖(しょうろとう)」や「石ヶ根(いわがね)」、「鶉衣(うずらころも)」、最中「宿の梅」、棹もの「みそ松風」、懐中しるこ「萬代(よろずよ)」などもあります。もちろん、羊羹や水ようかんなども季節によりあります。

ここまで来られたら、ちょっと足をのばして「川村屋」さんにも寄られてはいかがでしょうか。いちじくの季節でしたら、幻の銘菓に出会えるかも知れませんよ。

※2020年3月9日(月)時点の情報です。

参考(近所にある和菓子屋さん)

>>幻の銘菓・可美物 (うましもの)&季節の上生菓子【御菓子司 川村屋】