toggle
2018-02-26

錦三丁目にある和菓子の銘店【川口屋】季節の上生菓子(2018.2.26)


川口屋2018.2.26

名古屋でいちばんの繁華街、名古屋市中区錦三丁目(通称・キンサン)にある和菓子の川口屋さん。栄駅(1番出口)から徒歩4分のところにあります。

年末、年明けと2度ほど閉店(予約のみなど)だったので購入できなかったのですが、今日は無事に買うことができました♪

家に帰り着き、画像を撮る頃には、すっかりくたびれてしまっていてごめんなさい。形もやや崩れ気味、わらび餅にいたっては、きな粉が水分で変色してます。滝汗

たぶん20年余り食べ続けている、いちばん好きな生菓子のお店です。

(2018.2.26)季節の上生菓子

川口屋2018.2.26

生菓子は各320円、今日は5種類で1,600円でした。

生菓子のほかにも、種類は多くありませんが、焼き菓子干菓子が売られています。

和菓子の詳細が分かればいいのですが、名称しか分からないので、素人の憶測にすぎませんが、ご了承ください。

雛祭り

道明寺餅の中に大島餡。
可愛い和菓子なのに、大島餡(黒砂糖)が苦手なので主人行き。笑

引千切(ひっちぎり)

やわらかな よもぎ餅の上にピンク色のきんとん、中に道明寺が入っています。
あんと道明寺がひっくり返ってる和菓子が、川口屋さんでは定番な感じ。

初めてお目にかかるお菓子でしたので、ググってみた。笑
京都のひな祭りには欠かせないお菓子だそうです。

名古屋周辺では、ひな祭りのお菓子におこしもの(米粉製の蒸した物)があります。
飾った後に焼いて、砂糖じょうゆをつけて食べます。

蛤の薯蕷(じょうよう)

中は、つぶあん。
定番和菓子「薯蕷」で、お店の美味しさが分かると言われてますよね。
ホッとする美味しさ。

わらび餅

こしあんを選びました。 ※つぶあんも選べます!
名古屋でわらび餅と言えば芳光さんですが、こちらも「とろけるわらび餅」です。

菜種餅

よもぎ餅の中につぶあん。

(有)川口屋について

川口屋2017.6.16

住所

愛知県名古屋市中区錦3-13-12

電話番号

052-971-3389

営業時間

9:30~17:30

定休日

日祝・第4土曜日 
※開店の確認に予約をするほうが無難かも

アクセス

地下鉄東山線・名城線「栄駅」1番出口徒歩4分
⇒1番出口を出たら、そのまま北上、1本目を左折、1本目を右折すぐ

参考記事

>>日本一美味しい和菓子「川口屋」とろけるわらび餅、水ようかん、季節の上生菓子

【口コミ】まとめ

観光でいらっしゃる方には、川口屋さんの定休日と重なることも少なくないと思われます。そんなときは、久屋大通駅すぐの茶香 丸源さんがオススメ。(日祝営業、不定休)

持ち帰ることは出来ませんが、美味しい抹茶や煎茶、番茶と一緒に「川口屋さんの生菓子」がいただけます。生菓子の種類は、通常1~2種類です。

川口屋さんが臨時休業などの場合、茶香 丸源さんまで、北東に徒歩5分くらいです。

タグ:

スポンサーリンク



関連記事