toggle
2019-12-01

名古屋観光ホテルで、カニ食べ放題!!【ブッフェ&ラウンジ ジャルダン】


カニ食べ放題

2015年の蟹ブッフェ(カニ食べ放題)

ジャルダン恒例の「蟹ブッフェ」が季節がやって来ました。

しばらくチェックしていないうちに、開催期間が変わっていました。

料金は消費税などの影響と、年末年始とあって、少々割高なようです。

メニュー内容はランクアップしていると思うのですが、どうでしょうか。

下の「公式リンク」から、一休.comレストランで予約するシステムとなっています。

 https://www.nagoyakankohotel.co.jp/restaurant_bars/jardin/

【ブッフェ&ラウンジ ジャルダン】名古屋観光ホテル

  • 住所:〒460-8608 名古屋市中区錦一丁目19-30 名古屋観光ホテル1F
  • ご予約・お問合せ: 052-231-8162(ジャルダン直通)
  • 営業時間: ※2/13から、10:00~21:00(全席禁煙) ※2/12までは、6:30~
  • アクセス:地下鉄東山線&鶴舞線・伏見駅8番、9番、10番出口から徒歩2分

「蟹ブッフェ」の日程と料金

2019.12.26(木)~2020.1.13(日)まで。

ランチ・ディナー「蟹ブッフェ」

  • 2019.12.26(木)~2020.1.13(日)※2020.1.1~2020.1.5 除く
  • お一人様 消費税・サービス料込・・・7,300円

ニューイヤー ランチ「蟹ブッフェ」

  • 2020.1.1(水)~2020.1.5(日)
  • お一人様 消費税・サービス料込・・・8,000円

シニアの方(65歳以上・要証明)

お一人様につき500円割引。

小学生 ランチ・ディナーブッフェ(90分)

ブッフェの内容は大人の方と同じ・・・4,500円

幼児(3歳以上)ランチ・ディナーブッフェ(90分)

ブッフェの内容は大人の方と同じ・・・2,500円

「蟹ブッフェ」メニュー

※メニューは仕入状況等により変更となる場合があります。

シェフサービスコーナー

  • 蒸し蟹
  • 牛肉のステーキ
  • ローストビーフ
  • ミニ海鮮丼

その他、ブッフェメニュー

  • 蟹のカクテル(カクテルソース・蟹酢・ポン酢)
  • 蟹入り根菜のサラダ
  • 合鴨スモーク 赤ワイン風味ソース
  • カマンベールチーズ、フルーツジャム添え
  • 鰊のマリネ ピクルスと共に
  • 本日の一品
  • サラダバー
  • 海老フライ タルタルソース
  • 赤魚のポワレ バジル風味のトマトソース
  • 豚肉のソテー彩野菜とバルサミコ
  • 牛肉の赤ワイン煮込み
  • 渡り蟹のトマトクリームパスタ
  • 鶏肉のソテー 檸檬と黒胡椒風味の葱ソース
  • 本日のカレー
  • 蟹汁
  • コーンスープ
  • フレッシュフルーツ3種
  • ヨーグルト
  • プルーン
  • ベイクドチーズケーキ
  • ラズベリーショコラ
  • 玄米抹茶

ドリンク

ソフトドリンクはブッフェボードに。
フリードリンクプランのオプションもあり、アルコールなど別料金。

【オプション】フリードリンクプラン

※ブッフェをご利用の方に限ります。(ご利用時間:90分)

フリードリンクプランA ¥2,300

生ビール、ワイン(赤・白)、ウイスキー、焼酎(麦・芋)

フリードリンクプランB ¥2,600

生ビール、ワイン(赤・白)、スパークリングワイン、
ウイスキー、焼酎(麦・芋)、カクテル

※注意事項※

  • ご来店日当日のキャンセルはお電話にてお願い致します。
  • ご利用時間はご予約時間より90分となります。(ディナー時間は長い可能性あり)
  • レストラン店内には一部段差がありますが、サービス員の補助あり。

【口コミ】まとめ

過去に「蟹ブッフェ」を食べた際の感想などを参考に。

まず、蟹の汁が飛びますので、汚れたら困るコートなどは、あらかじめクロークなどに預けておきましょう。

時間になると、店の前にならんでいた順番に、店内へと案内されますが、すでに席は決まっているようでした。

スタート時には、行列ができますが、最初だけで、時間は充分にあるので、そんなに慌てなくても大丈夫ですよ。(制限時間前に帰られる方も多かったです。)

初めのうちに、「シェフサービスコーナー」を中心に、美味しそうなもの、好きなものなどを、美味しく感じられるうちに食べました。

蟹を食べ進めるうちに、段々と塩辛く感じますので、蟹酢だと食が進みました。

冷たい蟹で体が冷えてくるので、「シェフサービスコーナー」の蒸し蟹をいただきながら、お口直しに温かいスープなどをとりました。

ブッフェというと、元を取ろうと暴飲暴食をしがちですが、回数を重ねると、適量で、食事を楽しむほうが満足度が高くなりました。

どうぞ、ブッフェを楽しめますように ♪