toggle
2018-03-09

【菓匠 花桔梗】ふっわふわで絶品「いちご餅(季節のフルーツ餅)」


本店は名古屋市瑞穂区で、美濃忠四代目当主の息子さんが、美濃忠とは趣向を変えて、尾張徳川家の和菓子を献上していた「桔梗屋」から受け継ぐ和菓子を広める場として2006年8月にオープン。目上の方への手土産として人気があります。

お菓子を購入した回数では「花桔梗」さんが1番かも知れないのに、今まで記事にしてなかった!滝汗 主人が仕事帰りに寄りやすく、また、フルーツ入りという、スイーツを食べる罪悪感が少し減る「季節のフルーツ餅」が美味しくて。

主人は、自分用に「蕨餅(わらびもち)」を購入、他に季節のフルーツ餅を2個か、または、他の餅菓子とで計3個を購入することが多いです。餅菓子が多くなるせいか、お財布にも優しめで好きです。笑 

名古屋三越栄店で購入・食べたもの

いちご餅/¥292

愛知県産とちおとめをふわふわの羽二重餅で包みました、少しだけ添えた白餡で上品な甘さが引き立ちます。

桜餅/¥270

蒸した道明寺でこしあんを包み、塩漬けにした桜の葉で巻いたお菓子。

蕨餅(わらびもち)/¥292

本蕨粉を使い、ゆるめに炊いたこしあんを包みました。とろけるような食感が特徴。

「季節のフルーツ餅」について

季節折々に、フルーツの種類が変わり、どれもみずみずしくて美味しいです。

  • いちご餅・・・愛知県産とちおとめ入り
  • せとか餅・・・コクのある味わいが特徴の高級ミカン「せとか」入り
  • もも餅・・・長野県産の1番糖度の高い桃入り
  • 葡萄(ぶどう)餅・・・巨峰、シャインマスカット入り
  • マスカット餅・・・シャインマスカット入り
  • 栗餅・・・栗きんとん入り

【菓匠 花桔梗】店舗情報

菓匠 花桔梗 本店

  • 住所:愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-20
  • 電話:052-841-1150
  • 営業時間:10:00~19:00 ※イートインあり
  • 定休日:元旦のみ休業
  • アクセス:桜通線「瑞穂区役所駅」徒歩9分
  • 公式ウェブサイト:http://hanakikyo.com

名古屋三越栄店

  • 住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋三越栄店 地下1階
  • 電話:052-252-1336
  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:百貨店に準じます
  • アクセス:東山線・名城線「栄駅」サカエチカから直結

ジェイアール名古屋タカシマヤ店

  • 住所:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号 JR名古屋タカシマヤ地下1階
  • 電話:052-566-3645
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:百貨店に準じます
  • アクセス:JR線、名鉄線、近鉄線、地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」すぐ

【口コミ】まとめ


左)寒氷/¥1,080、 右)シャンパン寒氷/¥1,296

個人的に「琥珀糖(こはくとう)」の「寒氷」も好きです。カラフルな色合いですが、味に変わりはないように感じます。シャンパン(モエ・シャンドン)を煉り込んだ「シャンパン寒氷」は、色は白一色と地味ですが、シャンパンの風味が最高です! 

【参考】>>宝石?氷みたいな干菓子【琥珀糖】を食べ比べしてみた

JR名古屋タカシマヤ店にある「花桔梗」では、「季節のフルーツ餅」はすぐに売り切れてしまいます。だからと言って、開店と同時に覗いたら、商品が到着していなかったことも・・・ご注意を!

スポンサーリンク



関連記事